新着情報
◆R1.12.1012月8日、WC(ウィンターカップ:3チーム紅白戦)開会式、第1節が行われました。今年で第9回となります。毎年白熱した試合が繰り広げられるということです。今年もどのような展開になるか楽しみです! 【今年のチーム紹介】 ALL BLACKS(オールブラックス)                   Time sprays(タイムスプレーズ)                   MITOCHONS(ミトコンズ)                                     【開会式・選手宣誓】                   第1節(12/8) 終了Time sprays   1勝1分 勝ち点4ALL BLACKS   1勝1敗 勝ち点3MITOCHONS   1分    勝ち点1     
◆令和元年度・FFC 第7回FFC(Freshman Friendly Cup:1年生大会)が行われました。前年度ベスト4だったため、今年度は決勝トーナメントから出場となりました。 1回戦    vs大宮南高校 12-3(7C) 準々決勝  vs日大鶴ヶ丘高校 2-11(7C)  FFCフォト          
◆令和元年度・川口強化大会 過日行われました令和元年度・川口強化大会の結果です。 1回戦  vs川口工業高校 11-2(7C) 準決勝  vs県立川口高校 3-7  川口強化大会フォト                                    
11月26日(火) 午後 さいたま市民会館うらわホールで行われた家庭教育専門委員会研修会に長島教頭と執行部2名で参加してきました。 日本消費者生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会理事の窪田久美子さんによる演題「18歳成人年齢に伴う消費者トラブル防止について」を拝聴しました。 2022年4月1日に改正民法が施行され、成人年齢が18歳に引き下げられます。これにより現在の高校2年生、1年生の生徒は成人となり、クレジットやローン契約など一人で契約ができることになります。成人となることで、保護者による「未成年者契約取消権」は消滅します。これまで20代前半が主な被害者であったマルチ商法をはじめとした悪質商法のターゲットになることが心配されるとのことでした。 講演を聞いて、消費行動についてしっかりと家庭で話し、契約する際は事前によく考え、よく調べる力を身につけさせる必要があると感じました。 後半は県内各支部代表4校の実践発表でした。中でも、南支部代表の大宮高校PTAの「家庭教育とPTA~[卒業生に学ぶ会]を通して~」の実践についてですが、我が子の進路に関して、卒業生とその保護者から知りたい情報...
11月26日(火)午前、市民会館うらわホールで行われた進路指導専門委員会研修会に執行部2名で参加しました。 春日部高校、新座柳瀬高校、さいたま市立浦和高校、小鹿野高校、4校の学校の特色や取り組みを拝聴しました。蕨高校と同じように、進路講演会と大学見学会を実施している高校もありました。就職の割合が高い高校では、PTAによる模擬面接や企業見学の支援を行っていました。 質疑応答では、たくさんの質問が寄せられ、とても参考になりました。  
12/03
外国語科
ALTの2人は、日本の紅葉を楽しんでくれたようです。 The Warabi Times Vol6.pdf  
11月15日(木)午後、さいたま市民会館うらわホールにて高校教育とPTA専門委員会研修会に 水石校長先生、執行部1名で参加してきました。 始めに文部科学省高等教育局大学振興課 専門官の加藤善一様による講演、「大学入学者選抜改革の動向について」を拝聴しました。先日の大学入学共通テストでの英語の民間試験について来年度の導入延期の発表もあり、とても興味深い講演会でした。続いて各支部による発表、今年は東部は県立蓮田松韻高等学校、西部は県立所沢商業高等学校、南部は県立南陵高等学校、北部は県立秩父農工科学高等学校の実践発表がありました。各校共に高校教育とPTAというテーマでの発表で、それぞれの学校のPTA活動の工夫など今後の私達のPTA活動のとてもよい参考になりました。  
11月15日(金)午前、さいたま市民会館うらわホールにて行なわれた生徒指導専門委員会研修会に、 執行部2名で参加してきました。 午前の部では、草加高校、所沢中央高校、川口北高校、鴻巣女子高校が「PTA活動と生徒指導」についてそれぞれの取り組みについて発表が行われました。 各校それぞれの特色が発表されましたが、全てに共通しているのは「学校とPTAが連携して、生徒たちへの教育活動や学校生活が充実したものとなるよう取り組んでいる点」でした。PTA活動の中で特徴的なものとしては、所沢中央高校の、学校評議員・PTA・生徒の三者参加により「学校運営」について話し合う学校評価懇話会。生徒と保護者だけの“校内懇話会”も開催されていました。また鴻巣女子高校では、PTAにおける役員の負担軽減を目的とし組織や事業のスリム化と保護者が来校しやすくなる取り組み、も行われていました。今回の研修会を通して学べたことは、今後の蕨高校でのPTA活動にも生かしていきたいと思います。
 先週末の16日(土)の午後、本校を会場に学校説明会を開催しました。大規模な説明会が今年度最後ということで、1,100名余りの中学生と保護者の方々にご参加をいただきました。  午前中の授業公開と合わせて、本校の様子をしっかり確認していただく機会として設定いたしました。ご参加いただいた皆さまに、高校選択の参考にしていただけたとすれば何よりです。  冒頭の校長あいさつでは、高校生活を送る上でのアドバイスを少しお話ししました。
10月26日(土)に行われた「彩の国高校生ビブリオバトル2019」に参加しました。 蕨高校代表は『発現』(阿部智里著、NHK出版)の十川遥さん(2-10、図書委員長)です。 過去の戦争という考えさせられるテーマとともにこの本を紹介し、参加者、観覧者の皆さんからたくさん「読みたい!」という票をいただきました。 予選を突破し、決勝では惜しくも準優勝でしたが、多くの人の心に響く本を紹介できました。 当日の様子です。↓