外国語科

蕨高校の外国語科は、グローバル化が進む時代のニーズに応え、外国語でのコミュニケーション能力や異文化に対する深い理解を有する人材の育成を目指し、平成 6 年に設置されました。次のような特徴があります。

 

  2 名のネイティブ ALT や外国語教諭を多く配置し、徹底した少人数指導を行う。

 英語関連の専門科目が多数ある。

「総合英語」 4 技能をバランスよく伸ばします)

   「英語表現」 ALT との Team-Teaching でアウトプット活動を中心に行います)
   CAI 演習」( コンピュータを多用し、リスニング力、発音力、タイピング力等の実践力向上に力を入れます)
   「異文化理解」 3 年のみ)(異文化についてディスカッション交えて学びつつ、入試問題演習も行います)
   「時事英語」 3 年のみ)( 新聞・ News ・情報通信ネットワークで用いられる英語を学び、時事的問題に対応できるようにします

  2 年次より、英語以外の第 2 外国語(フランス語、ドイツ語、中国語から 1 つ選択)を履修できる。

 イングリッシュキャンプの実施( 1 年の 3 月、 2 3 日、 6 名の ALT たちと英語での研修)

 留学生との交流の機会が多い 

 各種コンテスト(スピーチ、ディベート、英語劇、英作文)に積極的に参加する

 英語外部試験(英検・ TOEIC GTEC )の受験チャンスが多い

 様々な留学プログラムへの参加

 多方面への進路実績

・英語を受験科目としてだけでなく、国際人として活躍するのに必要な科目としてとらえ、手段としての英語を身に付ける工夫をしながら、本校独自の英語教育プログラム( SMILE Plan )を実施しています。

外国語科スライドショー