校長挨拶

 校長挨拶


校長 小玉 佳也 
 

 本校は、昭和32年に当時の蕨町によって埼玉県蕨高等学校として開校されました。2年後の昭和34年には、蕨町の市制施行を期し埼玉県に移管され、埼玉県立蕨高等学校と改称されました。以来、24,000名を超える卒業生を輩出し、それぞれ各界で活躍されています。まさに、地元地域の皆様からの熱い期待と信頼をいただいている県内屈指の男女共学「文武両道」の進学校、それが蕨高校です。

 文武両道の精神のもとに、不易流行の言葉どおり、時代に即した高次な教育を追究しつつも、伝統を引き継ぎ、昔から変わることのないよき青春時代を過ごせる3年間がここにはあります。さらに、何事にも前向きにチャレンジする生徒を育てるために、私は生徒のみなさんに「三兎を追え」と伝えています。

  学習に燃える蕨高校

  行事に燃える蕨高校

  部活動に燃える蕨高校

 すべてに手を抜かず、それらを追い求めることにより、予測不可能な変化の時代にも強くたくましく対応できる将来必要とすべき人格の完成が目指せると考えます。

 蕨高生という誇りを胸に「蕨高に来てよかった。楽しかった。」と生徒のみなさんから聞ける学校経営を心がけ、自主的、主体的に第一線で活躍する前途有為な人材の育成に邁進してまいります。

   

 

 

 

の挑戦 

 Wの挑戦それは蕨高生 () が夢の実現に向けて挑むことと、その挑戦の中で、次の2つのこと ()-確かな学力を身につけ向上させるとともに、困難に負けない強い精神力と、困難を切り抜ける柔軟な発想や思考力-を身に付けることを意味しています。