校長挨拶


校長 水石 明彦   

 蕨高HPをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、昭和32年に当時の蕨町によって埼玉県蕨高等学校として開校されました。2年後の昭和34年には、蕨町の市制施行を期し埼玉県に移管され、埼玉県立蕨高等学校と改称されました。以来、23,000名を超える卒業生を輩出し、それぞれ各界でご活躍をされています。まさに、地元地域の皆様からの熱い期待と信頼をいただいている県内有数の「文武両道の進学校」、それが蕨高校です。

 

 蕨高が、自ら「文武両道の進学校」を標榜し、実際そのように評価をしていただけているのは、生徒の自主性・主体性を大切にしつつ、高い「志」を持った逞しい生徒を育成しているからにほかなりません。

 現代は予測不可能な変化の時代だと言われており、これまでの社会の延長線上にはない、劇的な変化が起こり始めています。そんな予測不可能な時代においても、蕨高はこれまでの伝統に培われた教育の更なる充実と進化を図り、グローバルな視点を持ち次世代のリーダーとして活躍できるタフな人材の育成を推進してまいります。

 

 今日も蕨高生は、蕨高生としてのプライドと責任を胸に、日々、勉強に部活動にと濃密な蕨高生活を楽しんでくれています。どうぞ、今の蕨高、これからの蕨高へのご支援をよろしくお願いいたします。

   

 

 

 

の挑戦 

 Wの挑戦それは蕨高生 () が夢の実現に向けて挑むことと、その挑戦の中で、次の2つのこと ()-確かな学力を身につけ向上させるとともに、困難に負けない強い精神力と、困難を切り抜ける柔軟な発想や思考力-を身に付けることを意味しています。