校長室から

2019年5月の記事一覧

国際青少年キャンプ in わらび

 蕨市が主催する「国際青少年キャンプ in わらび」が7月31日に開催されます。今年のこの国際交流事業は、市内の中高生と友好都市ドイツのリンデン市、マッヘルン市からの青少年が参加する予定だそうです。交流会では、ドイツの青少年に蕨高校や日本の伝統文化をドイツ語や英語で紹介しながら国際交流を深めることが予定されており、先週末まで校内でボランティアスタッフの募集がありました。
 担当の先生によると、ドイツ語を選択している生徒も、そうでない生徒も含め、募集人数を超える応募があったとのことです。中には、昨年のこの事業に参加して発表をしてくれた生徒も含まれているとのこと。
 本校では、このような機会をたくさん提供できるよう努めておりますが、蕨高生はこのような機会を逃さず、積極的に活用してくれています。事前準備も含め、当日まで国際交流を思いっきり楽しんでもらえることを期待しています。

中間考査が始まりました

 今週は、今日から4日間が中間考査です。1年生にとっては、高校生になって初めての定期考査、2、3年生にとっても新学年になって最初の定期考査です。まずは、自分のベストを尽くす。そして、その結果を真摯に受け止めて現状を確認する。その上で、現在の学習方法を自己評価して、場合によっては戦略を練り直す。定期考査は、蕨高生にとって、自らを向上させるうえでの自己確認の貴重な機会です。この貴重な機会を有効活用しない手はありません。
 というわけで、今週はすべての蕨高生が定期考査に全力を注入し、正々堂々とベストを尽くす。そんな一週間になります。

PTA・後援会総会

 学校公開日の午後には、クラス懇談会、学年懇談会ののち、PTA・後援会総会が開催されました。日ごろから、PTA・後援会の皆さまには本校の教育活動へのご理解とご協力をいただいているところですが、昨年度の事業報告と決算報告、今年度の事業計画と予算案等の協議事項がすべて承認され、引き続き本校教育を応援していただけることを確認していただきました。ありがとうございました。
今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 この総会では、今年度の新役員が承認され、この日まで本校教育に心からのご後援をいただいた60期生保護者の役員の皆さまが、この日をもってその任を降りられました。これまで本校教育をPTA・後援会の立場から協力にバックアップしていただいたことに、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。
 また、今年度の役員の皆さまにはこれから一年間、様々な場面でお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

第1回学校公開

 去る25日の土曜日は、第1回の学校公開日でした。5月とは思えないような暑さの中、保護者の方々をはじめ、県民の皆さまにもおいでいただき、本校の授業を見ていただきました。おいでいただいた皆さま、ありがとうございました。

 学校公開は、保護者の方はもちろん中学生や県民の皆さまに本校の授業や生徒たちの普段の様子を見ていただき、本校のことを知っていただく貴重な機会と考えています。
 第2回は、6月22日(土)を予定しています。ぜひ、多くの皆さまにおいでいただき、本校の良さを知っていただければ幸いです。

文化祭カウントダウン

 文化祭まであと100日となった昨日、生徒会によって正門前にカウントダウンのボードが設置されました。
 写真は、99日となった今朝のボードです。

運動会準備

 当初、水曜日に予定されていた運動会が月曜日の雨により、明日金曜日に順延されました。今日は、明日の運動会の準備が先ほどまででほぼ終了したところです。
 暑さは気になるところですが、グラウンドコンディションは良好で、準備の整ったキリッと引き締まった感のあるグラウンドからは、明日の真剣勝負を待つ静かな緊張感が漂っています。
 明日の運動会では、体調管理に十分留意しつつ、生徒諸君には真剣だからこそ味わえる清々しく楽しい一日を過ごしてもらえればと思います。

昼休みの光景

 本校では、運動会(体育祭ではありません)が来週予定されており、ここしばらく、昼休みになると入場行進の練習をしていると思しき掛け声が聞こえてきます。
 見れば、グラウンドでバトン部の2,3年生が旗を持ち、掛け声も高らかに手足をピンと伸ばした姿勢で入場行進の練習をしています。聞くところによると、運動会の入場行進は吹奏楽部の演奏の中、生徒会とバトン部の先導でクラスごとの入場となるそうです。
 グランドでの練習風景を目にするだけでも、入場行進が運動会の見どころのの一つであることは間違いありません。バトン部の勇姿と当日繰り広げられるであろう光景への期待感が高まる一歩です。

「告白しよう! 夏目漱石講座」

 昨日、演劇部の校内発表会がありました。
 3年生の部長の引退公演と1年生のお披露目公演を兼ねての発表会ということでしたが、少数ながらこれまでの練習の成果をしっかり披露してくれた素敵な発表会でした。
 部員数が決して多くない中、ふだんの活動を含め様々な苦労もあったのではないかと想像しますが、1年生の一生懸命さに対し、2年生、3年生はこれまでの活動で身に付けた演技力をしっかりと見せてくれた感がありました。
 部員の多少にかかわらず、部活動に本気で取り組む蕨高生の姿を見せてもらい、とても晴れやかな気持ちにさせてもらったひとときでした。

文武両道を実践

この時期、さまざまな部活動の大会が繰り広げられています。
大会に出場した蕨高のどの部活動も、地区予選会や県大会でこれまでの練習の成果をいかんなく発揮してくれたようです。さすが蕨高生です。
いくつかの部活動では、結果として地区予選会をもってあるいは県大会をもって3年生は活動終了となります。引退する3年生には、幾ばくかの悔いやさびしさがある一方で、これまで本気で部活動に打ち込んで、最後の大会までやり遂げた達成感があるのではないでしょうか。3年生まで本気で部活動に打ち込んできた、すべての蕨高生の頑張りと健闘をたたえたいと思います。

一方で、大会がまだこれからの部活動もあります。特に3年生には、活動できる残りの日々を大切に、文武両道を実践してくれることを願っています。

陸上部からは、昨日まで行われていた県大会で、女子400mリレーが6位入賞を果たし、関東大会出場を決めたとの報告がありました。関東大会でも、実力をいかんなく発揮してくれることを期待しています。

立夏を過ぎて

連休も明け、5月の授業が始まっています。
立夏を過ぎて、すがすがしい毎日が続いております。

本校では5月から職員の服装はクールビズで対応させていただいておりますが、生徒の制服も5月から夏服への移行期間に入っています。
そんなこともあってでしょうか、今週の校内には生徒の元気な声とともに夏の風が少しずつ吹き始めているように感じます。

写真は、華道部が昨日届けてくれ今週の作品です。