蕨高柔道部近況報告

2015年6月の記事一覧

平成27年度第63回関東高等学校柔道大会


  6/5~7に茨城県武道館で行われた第63回関東高等学校柔道大会に女子団体戦において5年ぶり5回目の出場をしました。本当に多くの方々にお世話になり、この大会への出場を果たすことができました。改めて感謝申しあげます。ありがとうございます。

試合は初戦で神奈川県4位の日大藤沢高校と対戦しました。先鋒と中堅の前2人で勝負をしたかったのですが、0-1で大将戦になり、大将戦でも敗れ、0-2で敗戦となりました。

  12年生のチームなので、本当にこれからが大切になってきます。この負けた悔しさ、自分たちの実力とどこまで向き合えるかが、来年の高校選手権、関東大会、インターハイにつながります。今回出場を果たせたように、可能性を本気で信じることができれば、それは無限になります。もちろん勝つことがすべてではありません。しかし、「その時」を迎えるまでの過程は何よりも大切で、その過程の先には結果が自ずと付いてきます。その過程には、柔道衣を着て汗をかいている時間だけでなく、他の何でもない、一見全く関係ないような時間も含まれます。その一分一秒の積み重ねが最後の結果につながります。よって可能性は無限です。昨年の11月に掲げた通り、100人中99人が無理だと思っていることを1人ができると信じているとして、その信じていない側の人間が多く集まったチームと、信じた1人が少人数でも集まったチームとでどちらが強いか。

  この関東大会の終わりは、新しい大きなスタートです。次に向けて、我々はまた前に進みます。これからも蕨高校柔道部をよろしくお願い致します。
0

全国高等学校柔道大会埼玉県予選個人戦


インターハイ予選女子個人戦 野口桃花 準優勝!

 

  530日に全国高等学校柔道大会埼玉県予選、個人戦が行われました。本校からは女子4名が出場しました。1名が1回戦敗退、2名がベスト16、そして関東予選でベスト8だった野口桃花が北部地区の1位を準々決勝で倒し、準決勝では関東予選のチャンピオンを倒し、2年生ながら決勝に進出しました。決勝戦では埼玉栄高校の春の高校選手権、全国優勝メンバーで個人戦でも全国ベスト16の選手との対戦となりました。秋の南部地区大会では可能性は残しながらもほとんど勝負をさせてもらえなかった相手でした。今回は結果的には一本負けでしたが、成長を感じさせる戦いをしてくれました。来年の高校選手権やインターハイにつながる戦いとなったと思います。これからの成長がとても大切になってきますので、より一層気を引き締めて、可能性を活かしきれるようにしたいと思います。

0