蕨高柔道部近況報告

2015年2月の記事一覧

地力強化期間その1

 春の高校選手権の予選が終えてから、4月の南部地区予選に向けて地力を心技体すべての観点において徹底的に鍛えることを念頭に過ごしてきました。学校練習を全員で充実させ、土日や祝日にはできる限り出稽古を行って課題を持ち帰り、学校でしっかりとその課題と正面から向き合って、また出稽古で充実した過程を求めるというサイクルを繰り返しています。1/25~2/8までを「強化期間その1」としてまとめたいと思います。
 まず、1/25(日)に大宮東高校に行かせて頂きました。自分たちよりレベルの高い同地区の学校と練習させて頂くことで、良い刺激を得ること、また目標の再確認を目的としてお邪魔しました。とても良い練習をさせて頂き、年度内にまたお邪魔させて頂くこともお願いできました。少しでも成長して次回お邪魔させて頂きたいと思っています。ありがとうございました。
 次週の1/31(土)には伊奈学園の合同練習会、2/1(日)には茨城県の牛久高校の練習に参加させて頂きました。伊奈学園の合同練習会においてはいつも通り子どもから大人までたくさんの参加者がいらっしゃって、本校の部員にとってもとても良い練習となりました。2月の合同練習会は参加できないのですが、また参加させて頂いたときにはよろしくお願いします。牛久高校は、先の高校選手権茨城県予選で男子が3位、女子が準優勝の強豪です。しかし、胸を借りるよりもどこまで勝負できるか勝負するというスタンスでお願いしました。結果としてはやはり実力の差を大きく感じてしまいましたが、「次に来たときは・・・」と部員自身が奮起している様子でした。関東・全国の舞台で牛久高校と試合ができると良いなと思います。ぜひ、またよろしくお願いします!
 そして2/7(土)は群馬県の勢多農林高校へ、2/8(日)は2年生が模試のため1年生のみの参加となりましたが、川口武道体育センターにてニューカレドニアのジュニアチームとの交流練習会に参加させて頂きました。勢多農林高校は私の高校時代の先輩にあたる方が監督をされており、とても雰囲気の良い練習をされているチームでした。関東・全国も出場するだけでなく勝つことを視野に入れていらっしゃるようで、勉強になることがたくさんありました。出稽古を重ねている内に本校の部員にも良い変化が見えつつあり、学ぶところがあったのではないかと思いますし、とても良い勝負もできました。どこに行ってもそうですが、また行かせて頂きたいと思います。よろしくお願いします。


 2/8(日)は芝東中の島村先生にお声掛け頂き、ニューカレドニアのジュニアチームと交流させて頂きました。1年生のみの参加となりましたが、柔道の強化という視点だけでなく柔道を通して広がる可能性を実感できたのではないかと思います。


 不思議なもので、初対面でお互いの性格も生い立ちも全く知らない人でも、道衣に袖を通して一緒に組み合って練習するだけで距離が一気に縮まるものです。私自身の経験でも異国の人々だけでなく、東日本大震災後に活動を通して出会った人々とも、柔道が結びつけてくれた人間関係は特別なものの様に感じます。このつながりも含め、出会った一人ひとりに感謝して日々成長していきます。
 強化期間その2はまた今日からスタートしています。また1日1日を大切に積み重ねていきたいと思います。
0