蕨高柔道部近況報告

2014年2月の記事一覧

正則学園高校 合同練習

 

 

  
 2/15(土)に東京の正則学園高校にお邪魔して、一緒に練習をさせて頂きました。
前日からの雪で中止になるかと思いましたが、幸いにも移動に使う路線が動いていたので予定通り練習に参加させて頂きました。
 
 以前よりもずっとできることが多くなってきました。年が明けてから新しいことにトライしてきましたが、その練習メニューはとても地味でかつ繊細な意識が求められるメニューです。外から見ていてはわからない意識や感覚が求められます。そんな中で進歩が確実に見えるということは、人数が少なくても地道な積み重ねができているということだと思います。
 現在、テスト前で部活は休みで、その後は入試でまた長い休みになります。するとあっという間に春が来てしまい大会シーズン突入となります。そこでどんな柔道ができるのか。各自が納得のいく結果を残すことができるように、1日1日を積み重ねていきます。
 
初心を忘れず、謙虚な心で、最後の最後の最後まで限界に挑戦する。
 
多くの方々から頂く応援を力に変えて頑張りたいと思います!
 
 
0

伊奈学園合同練習&川越合同練習

 2/1(土)  伊奈学園合同練習
 

 

  2/1(土)伊奈学園で行われた合同練習に参加させていただきました。この合同練習は小学生から社会人まで多くの人が集まる練習会で、普段学校でやっていることを実践で試す良い機会となりました。まだまだ課題はあるものの、前回の練習会よりは前に進めているように感じました。また次回までに、しっかりと積み重ねを行い今回よりも一歩進んだ課題を見つけられるようにしたいなと思います。伊奈学園の金子先生をはじめ上尾鷹の台高校の小坂先生、他多くの先生方にお世話になりました。ありがとうございました。
 
 
 2/11(火)  川越合同練習
 
 
 
  2/11(火)に県立川越高校で行われた合同練習会に参加しました。西部地区の高校や中学校が多く参加している中、一緒に練習させていただきました。練習メニューは乱取り練習を中心としたシンプルなものでしたが、普段の練習ではできないいろいろなタイプの選手と練習することで、生徒たちは良い経験ができたように思います。また、伊奈学園での合同練習の時よりも、たくさんのトライができ、それに対してのフィードバックもたくさん得られたように思います。当然のことながら課題はたくさんありますが、確実に前に進んでいるように感じます。良くなってきていると伝えても、生徒たちはまだまだ納得がいっていないようでした。自分の尺度を持ってこうなりたいと描くものがなければ、他人の評価をそのまま受け入れると思います。今後の成長が楽しみです。川越高校の吉本先生をはじめ多くの先生方にお世話になりました。ありがとうございました。
 
 
ある日の練習メニュー・・・
 

  
   ある日の練習メニューです。諸事情により現在、男子2名で活動をしています。人数も少なく、できることは限られているのですが、生徒が自分自身でメニューを組み立てて練習を行っています。メニューは、自分の課題を正確に把握していなければ、適切なメニューを組み立てることはできません。
なので・・・
 
         
 
  このように、毎回の練習前に各々のホワイトボードにその日に取り組みたいことや課題を書くことで、はっきりと明確にしてから練習に入ります。
当然のことながら、道場に来てその場で書けるはずもなく、日々の練習のつながりでその日の課題が明確になってくるので、自分で考える力がとても重要になってきます。2014年になってから始めたことですが、徐々に慣れてきたようで、考えているからこそ出てくる「自分の言葉」での表現になってきました。基礎練習が中心なので学校での練習においてはなかなか成果を実感することは難しいですが、休日の出稽古での練習でできることが増えていたり、その前の出稽古で得た課題を克服できている場面があったりと、小さなことの積み重ねができている証を、少しずつですが感じることができています。 川越での合同練習で自分たちが納得できない部分がすぐに見つけられるのも、この繰り返しの影響もあるかもしれません。
 
小さなことの積み重ねが大きな事を成し遂げる唯一の道。
 
そう信じて、一歩一歩前に進んでいきたいと思います。 
0