日誌

2015年6月の記事一覧

勉強会


子ソフトテニス部恒例の勉強会。今回は、質問が非常に少なかったのです。テストの結果を楽しみに待っていいのでしょうか?
中間考査以降、朝7時に登校して勉強している部員もいます。それを真似て朝学習を始めた他の部活の生徒もいます。そんな風に、学校全体に広がっていくといいです。

練習試合


本日は、南部地区の学校で練習試合でした。天候が危ぶまれましたが、来月の大会前最後の練習試合だったので、予定通り実施することができてよかったです。
前回の練習試合から約1ヵ月ですが、部員の成長ぶりに驚きました。4月末の関東大会南部地区予選で、手も足も出なかった相手に勝つことができ、自信をつけた部員もいました。ただ、簡単なミスも気になりました。テスト休みを挟みますが、大会に向けできるだけミスを減らしていきたいです。

的確なアドバイス


今日はOGが来てくれました。来週、大会に出場するそうで、頑張ってほしいです。大学でテニスをしているからこそ、蕨の弱点に気付いたようです。的確なアドバイスをいただきました。真摯に受け止め、7月の大会では成長した姿を見せたいです。

合同練習



県大会出場を決めた中学生が来校し、合同練習を行いました。何か一つでも得られるものがあったなら、嬉しいです。県大会での活躍、期待しています!

インターハイ予選


大宮第二公園でインターハイ予選が行われました。新チーム初の大会に、後藤・菊地ペアが出場しました。全体的にミスが早く、厳しい結果となりました。しかし、1カ月前の県大会と比べ上達を実感した試合でした。
これまで、部員の心の弱さを感じることが多かったのですが、それには私にも責任があったと思います。新チームには、自信を持ってできる点取りパーターンを身につけさせ、根拠のある自信を持たせたいと思っています。様々な制限があったり、毎日反復練習ばかりですが、今日の試合を見て、強くなると確信しました。これからの蕨に、期待してください!