学校生活

2024年6月の記事一覧

蕨高校が進学相談会に参加しました ~ありがとうございました~

本日(6月22日)は、
 進学相談会「入試ファースト浦和」
に参加しました。(主催:NPO埼玉教育ネット)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

中学生や保護者の方に蕨高校の魅力をお伝えしたり、
質問にお応えしてまいりました。

また、蕨高の良さを実際に目で見てもらいたいと
多くの方に土曜公開授業の紹介をするなどしました。

中学生の皆さんは、学校の授業を大切に一つ一つ実力を積み重ね、
夏の学習に向けて頑張ってください。

大切な時間をいただき、感謝申し上げます。

  

卒業生との懇談会

本日、2年生を対象の進路行事「卒業生との懇談会」を行いました。

蕨高校を卒業した約50名の大学生が後輩のために母校を訪れ、
自分の高校時代の話、進路決定までの経験、今の大学生活などを
それぞれ話してくれました。

参加したOBOGの皆さんからは
「3年間を部活をやり切った、そこから生活の一部に勉強を入れて、高校生活をガラッと変えて受験勉強をした。」
「高校時代は苦手克服のためにオリジナルノートを作り、定期考査や模試の誤答訂正を行った。」
「大学では自由な時間が多い、そんな明るい大学生活を思い浮かべて、大変な受験期を乗り切ってほしい。」
などのメッセージを受け取りました。

蕨高生にとっての身近なロールモデルとして、
自分の卒業後までのイメージ作りをしながら意思を確認する、
大切な時間となりました。

 

 

062201062202062203

 

《授業訪問》生物

本日、とある3年生の理科の授業では、生物「発生(誘導の連鎖)」の授業でした。

蕨高普通科の生徒は各自の興味関心や将来の進路を考えて
2・3年生で何を学ぶのか、理科の科目を選択しています。

両生類の眼や、鳥の指を取り上げて、
ドミノ倒しのように器官が形成される過程を
教師の話を聞きながら手元のプリントに記入していきます。

黒板には教師の手元のプリントが実物投影装置で映し出されており、細かいポイントまでしっかりおさえることができました。

新しいキーワードも多く、知識を得ながら、
普段目にすることもある“生物”について深く学びました。

 

061901061902

 

《授業訪問》教育実習生による授業

5月から6月にかけて、
5名の教育実習生が毎日学校を訪れています。

生徒にとっては「数年間に蕨高校を卒業した先輩」ですので、
多くの生徒が親しみの気持ちをもって授業を受けています。

授業を行う実習生は、
問いかけに対する生徒のハツラツとした答えに
教師の楽しさを感じているようです。

一方で、授業の準備をしっかりと行ったにもかかわらず
生徒の反応が想定外であったりして、
教えることの難しさも肌で感じているようです。

 

この期間は、
生徒にとっても、教育実習生にとっても、今しかできない経験をする時期です。

 皆さんの高校生活の1ページに加えてください!

 

061401061402061403

 

 

《授業訪問》数学Ⅲ

本日、とある3年生の数学の授業では、数学Ⅲ「定積分」の授業が行われました。

多項式を別の文字に置き換えてみたり、
それに応じ積分の範囲を変えてみたり、
サイン・コサインを応用してみたりと、
知識の活用が求められる内容の授業でした。

授業では解答のプロセスを丁寧に確認しながら、
また、別解(別の方法での解答)で出題の意図を深堀りしながら、
計算だけでは終わらない、数学的な考え方を学びました。

 061101

 

 

中学校PTAの蕨高訪問 ~ご来校、ありがとうございました~

本日は、さいたま市立美園南中学校PTAの皆様に
蕨高校へお越しいただきました。

教育活動について説明を聞いていただき、
その後は授業の様子を直接見ていただきました。

ご自身の高校生時代と比較してみたり、
お子様の高校生の姿を想像されたりと、
直接訪問したからこそ気付かれたことがあったでしょうか。

学校選びの参考になれば幸いです。

雨上がりで足元の悪い中、ご来校、ありがとうございました。

061001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※中学校PTAなどが学校訪問を希望される場合、
 教頭宛てにお問い合わせください。
 日程など御相談させていただきます。

 

蕨高校 教育活動説明会 ~ご参加、ありがとうございました~

本日(6月8日)は、
 教育関係者対象「蕨高校 教育活動説明会」
を行いました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

土曜日は学校がお休みだからこそ忙しい日であるかと思いますが、本校が行っている教育活動の全体像をお伝えするとともに、生徒の日常を直接見ていただきました。

貴重な機会をいただき、重ねて感謝申し上げます。

 

日程が合わずに参加できなかった方におかれましては、引き続きの機会をご利用ください。

 060801

※名刺交換をさせていただいた方のメールアドレス宛てに、本日のスライドを送付させていただきました。

フランコフォニー ~コートジボワール大使館からの特別授業~

本日は、コートジボワール大使館から
 Mr. ABION Lath Sylvere 様
 Mr. DAHE Monket Nestor 様
 Ms. TOYOSHIMA Fumi 様
をお迎えして、「フランコフォニーがあなたの学校にやってくる」の特別授業を行いました。

参加する生徒は、外国語科の中でも第二外国語「フランス語」を選択する生徒たちです。

この特別授業は、毎年本校が日本フランコフォニー推進評議会(le Conseil pour la promotion de la Francophonie au Japon)へ依頼して、特別に来校いただいている行事です。
(令和4年度:ハイチ/令和5年度:チュニジア)

 

コートジボワールの地理・自然・文化・暮らしなどの紹介をいただき、
「行ってみたい」
「食べてみたい」
という感想が聞かれました。

蕨高校では、外国を身近に感じる機会がいくつかある中でも、フランス語に触れる機会は少なく、学んでいることが実感できる、とても刺激的な1時間となりました。

お忙しい中で本校を訪れてくださった先生方、
大変ありがとうございました。

 

060501060502060503060504

 

060508060509

令和6年度生徒総会

本日7限目は、生徒総会を行いました。

生徒総会は、生徒会本部の役員から説明があったり、
各委員会の委員長から取組の報告や今年度の方針の説明があったりと、
生徒が主体的に学校をつくる要となる行事です。

4月に入学した1年生にとっても、中学校とは違う自治の姿に
多少の驚きがあったようです。

総会資料は電子で配布されているため、
手間も時間も短縮されていますが、
その分密度の濃い内容で行われています。

 

060511060512060513

 

令和6年度第1回蕨高校特別セミナー

 6月4日(火)今年度最初の蕨高セミナーを開催しました。

 このセミナーは各界最先端で活躍されている方々をお招きして、お話をうかがうものです。生徒たちは、自発的に自らの興味に従い、このセミナーに参加します。毎回、30~40名ほどの参加ですが、今回は50名を超える参加者ということで、盛況でした。

 講師は、武蔵野美術大学教授の沢田耕一先生でした。

 先生のご専門はグラフィックデザインを核としたデザインディレクトで、TOKYO2020のデザインを中核として、担当されました。

 実際にコアグラフィックの開発からピクトグラム開発、会場装飾などもろもろのデザインをされた様子は大変興味深いものでした。

 一つのデザインを創り出すのにそのコンセプトの追求から、試作しては破棄の繰り返しで、膨大な時間とエネルギーが費やされていることがよくわかりました。

 生徒たちも大変興味を抱き、ご講演が終わった後も質問のために残る生徒が多数いました。