校長室から

防災拠点活用塾が開催されました

 去る14日、県民の日に本校で防災拠点活用塾が開催されました。防災拠点とは、阪神淡路大震災での経験を踏まえ、埼玉県が県内38校の県立高校を防災拠点と位置づけ、避難場所となる施設として、

 ・自然エネルギーを利用した太陽光発電設備や太陽熱温水設備

 ・非常用発電設備、グランド照明設備、耐震性貯水槽、雨水貯水槽、トイレ・シャワー、備蓄倉庫など

の整備を行ったものです。本校は、平成11年9月竣工となりました。

 今回の活用塾では、地元住民の皆様、蕨市の防災担当課の担当に対して、県の担当から施設設備の概要説明と施設見学を中心に、いざというときに地元住民の皆様に有効にご活用いただくためのプログラムが用意されました。

 日頃からのいざというときに備えての危機管理意識の重要性は改めて申し上げるまでもありません。今回は平日の午後の開催となりましたが、多くの地元住民の皆様にご参加いただくことができ、本校の防災拠点機能への認識を深めていただく貴重な機会となりました。