校長室より

第1回学校評議員会 校長あいさつ

 皆さんこんにちは。校長の山本でございます。この4月に着任いたしました。3月までは、さいたま市教育委員会で、市立高校や中等教育学校を所管する高校教育課で課長を務めておりました。教科は国語です。ちなみに私は本校第24期の卒業生です。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、本日は第1回の学校評議員会ということで、お忙しい中にもかかわらずご出席を賜り誠にありがとうございます。本校でございますが、およそ40年ぶりに戻った母校は、見違えるほど素晴らしい学校になっておりました。これも学校評議員の皆様をはじめ、本校に関わるすべての方々のお力添えの賜物と、深く感謝申し上げます。

 進路指導でございますが、コロナ禍の中で生徒も十分な学習ができない状況もございましたが、おかげさまで国公立大学の合格者は3年連続で80名を超え、現役の進路決定率も90%超える成果を挙げております。生徒や保護者、地域の皆様の期待は高く、まだまだ十分とは言えない状況でございますが、引き続き努力してまいりたいと存じます。

 この後、令和4年度の学校自己評価システムシートにつきまして、御協議を賜りたいと存じます。学校評議員会の後には、生徒を交えた学校評価懇話会も予定しております。忌憚のないご意見を賜れれば幸いでございます。

 それでは、どうぞよろしくお願いいたします。