校長室より

第2回学校評議員会 校長あいさつ

 皆さんこんにちは。本日はお忙しい中、本校の第2回学校評議員会にご出席くださいましてありがとうございます。

 コロナ禍でございますが、報道によりますと、ようやく第5類への移行が見えてきたところかと存じますが、肌感覚で申しますと、生徒の感染も続いており、まだまだ油断できないというのが本当のところでございます。

 ウイズコロナに翻弄された今年度でございますが、そうした中にあっても、運動会や強歩大会などの体育的行事をはじめ、林間学校や修学旅行などの泊を伴う行事、そして蕨高祭など、一定の制約はありつつも、様々な学校行事を実施してまいりました。2年間中止を余儀なくされた臨海学校も、趣旨を受け継ぐ形で林間学校として実施しました。学年の教員からは、学校行事による生徒の成長ぶりが実感できるなどの声を聞いております。

 また、外国語科を設置する本校の大きな特色として国際交流事業の充実がございますが、今年度も残念ながら渡航による交流こそ叶いませんでしたが、オーストリア、タイ、フランスからと、3名の留学生を迎えることができました。母国語の他に、当たり前のように英語を話す留学生が身近にいるということで、大きな影響を受けた生徒も多かったようです。その一方、ハイチの大使館員によるフランス語の授業や、中国やインドネシアとのオンラインによる交流など、様々な形で国際交流を深めることができました。

 さらに今年度は、高等学校の新学習指導要領本格実施の初年度でございました。私も本校のすべての教員の授業を見ましたが、プロジェクターなどのICT機器を活用し、生徒同士の話し合い活動を重視するなど、よりよい授業を目指して日々工夫を重ねている様子が見られました。

 それではこの後教頭より、お手元の学校自己評価システムシートを基に、1年間の本校の学校運営の概要について説明させていただきます。是非とも、忌憚のないご意見、ご助言を賜りますようお願い申し上げます。