校長室より

図書館へ行こう(図書館報『若い樹』校長のことば)

 図書館には特別な思い入れがある。

 大きな赤い鳥居の脇に白い建物の市立図書館があった。大学受験の勉強をするため、この図書館の閲覧席に足繁く通った。当時は朝、図書館の外に並んでいると順番に数字が書かれてあるカードが配られ、開館時間前に任意の数字が発表されて、その数字から順に入館が許された。早く並んで若い番号をもらってもいいことはなく、いわゆる抽選だった。

 浪人中は都内の予備校に通った。予備校が終わると都立図書館に行った。勉強に飽きると様々な書籍に手を伸ばした。何しろ図書館である。本は無数にある。自分の学生時代はいわゆる「角川ブーム」のころで、横溝正史の『犬神家の一族』や森村誠一の『人間の証明』、高木彬光の『白昼の死角』など、小説と映画がコラボする「メディアミックス」が巷を席巻していた。その影響もあって、映画化やドラマ化された作品は手に取りやすかった。松本清張などの社会派推理小説、清水一行などの経済小説もよく読んだ。大河ドラマでは「徳川家康」をやっていたので、山岡荘八の原作全26巻を浪人中に読破した。合格した学部の入試の日本史で織豊政権が取り上げられ、スムーズに解答できたのはラッキーだった。

 大学の学科は国語国文学科。どう考えても本がなければつとまらない学科であったが、何しろお金がなかった。この大学の入学式の総長のことばは今でも覚えていて、「この大学には教授や図書館の文献など、皆さんの研究に必要となるすべてが揃っているが、皆さんが自ら手を伸ばさない限り、何も得ることはできない」という趣旨であった。お金がなかったので、4年間専門書は買うまいと心に決めて臨んだが、この大学の図書館は総長の言うとおり、自分程度の学生の卒業論文にはおつりがくるくらい、ありとあらゆる文献を備えていた。先行文献にあたるため『國文學』などの雑誌に掲載されている論文も読んだが、バックナンバーまでほぼ完備されていた。そのおかげで本当に専門書を買わないで卒論を書き、大学を卒業した。このように図書館の恩恵を十二分に受けていたため、将来は図書館のそばに住みたいとさえ考えていた。

 さて、本冊子は図書委員会発行の図書館報『若い樹』である。

 私は本校の卒業生であるが、大学は自転車通学、就職してからは自動車通勤が多かったため、ひょっとすると蕨高校に通っていた3年間が人生で最も本を読んでいた時期かもしれない。京浜東北線の乗車時間は片道15分。高校3年間、欠かさず読書をしていた記憶がある。

 最近の高校生は本を読まないと言われて久しいが、いまや電車やバスに乗っても、本を読んでいる人よりスマートフォンを見ている人のほうが圧倒的に多い。かくいう自分も、新聞は購読をやめて電子版に切り替えたし、欲しい本があるとECサイトやフリマアプリのお世話になることが多くなっている。以前は本を探して書店をはしごすることも多かったが、そうした機会はめっきり減ってしまった。

 しかし、である。

 この原稿を書くために、夏季休業中の本校の図書館を訪れた。図書館は開館しており、図書・視聴覚部の先生方のお話を聞くことができた。

 図書館に入ってすぐのところに新着本のコーナーがある。とても魅力的でキラキラと輝いて見えた。当然のことであるが、世の中では毎日のように新刊本が発行されている。本校の図書館のスペースには限りがあるため、すべての本を購入することはできない。新着本のコーナーに並んでいるこの本たちは、あまたある新刊本の中から本校の生徒のために選ばれた「選抜選手」なのである。新着本のコーナーがキラキラ輝いて見えたのは、窓から差し込む残暑厳しき初秋の日差しがまぶしかっただけではない。これらの新着本を手にするであろう蕨高生のことを真剣に考えている先生方や図書委員会の生徒たちがいて、これらの本を選んだ思いが伝わってきたからではないかと感じた。

 本とは出会いである。新聞や雑誌の書評や動画による要約、有名人のインタビューなどで紹介されているものなど、メディアを通して読みたいと思い、入手することが多い。いまさら「オンラインより対面」などと二元論を振りかざす気は毛頭ないが、図書館はやはり「リアル」である。本に何げなく手を伸ばし、そのまま没入して、借りて持って帰って読破する。そんな出会いがあるのは図書館である。

 変化の激しい現代だからこそ、蕨高生にはこんな本を手に取ってもらいたい。図書館にはすでに多くの生徒が訪れていると聞くが、このような思いのこもったラインナップで皆さんをお迎えする本校の図書館を、もっともっと訪れてもらいたいと思う。