校長室より

校長室より

第68回運動会 閉会式 学校長のことば

 運動会、大変お疲れ様でした。二つだけ、講評ということで感想をお話しします。

 まず一つは、本日は朝早くから、一日は長かったわけですが、最後まで生徒主体という形で、この運動会を運営し、成功させることができました。大変素晴らしいと感じました。

 二つ目です。二つ目は、皆さんは本当にこの蕨高校に入学してよかったと改めて思いました。

 本日の運動会で明らかになりましたが、本当の意味でこの蕨高校、皆さんのライバルがしっかりといます。どのレースを見ても、このクラスが安泰、楽勝、一つもないです。部活動対抗。ここが勝つのではないか。そうならないですよね。綱引き。本当にどちらが勝つかわからない。ライバルが、そこにはしっかりいるのです。これは、運動会で改めて発見しましたが、この後の大事な、勉強や進路にも全部繋がってきます。

 ライバルはしっかりと準備しています。あるときふと気がつくと、大丈夫と思っていた友だちが、あんなところまで登っている。上がっている。それに比べて自分はどうなんだ。焦ったりすることが起こってきます。毎日毎日自分が準備をしておかなければ、こうした思いを味わうことになります。

 ぜひ、今日の疲れは今日癒していただいて、明日からは蕨高校、通常モードです。頑張っていただければと思います。以上で講評を終わります。