校長室より

校長室より

防災訓練 校長による講評

 おはようございます。今回は地震の後、食堂から出火という想定で、地震直後の身の安全の確保から、校庭に速やかに避難する訓練を行いました。皆さんの避難の様子を見ましたが、点呼完了まで6分8秒でした。概ね速やかに、混乱なく避難ができたのではないかと思います。

 さて、地震直後にまずは、自分の身は自分で守ることが重要という観点から、埼玉県では今年から「シェイクアウト訓練」が始まっています。実際の地震は、皆さんが教室にいるときに起こるとは限りません。どんな場所で地震が起こっても、まずは頭部をしっかり守るなど、身を守る習慣を身につけておきたいと思います。

 また、大きな地震の後は、河川の氾濫による洪水について、心構えを持っておくことが必要です。蕨市の洪水ハザードマップは、3年生の昇降口に掲示されていますが、それによると、荒川水系の河川の氾濫により、本校は1メートルから2メートルの浸水が想定されています。校舎の2階以上に避難することが必要になります。

 さらに、帰宅に備えて、家族と連絡を取る手段についても、改めて一人ひとりが確認しておいてください。

 災害はいつ起こるか誰にもわかりません。こうした防災訓練の機会に、しっかりと自分のこととして理解を深め、準備しておくことが必要です。よろしくお願いします。

第25回校内スピーチコンテスト(2023) 校長あいさつ

Hello everyone.

I will give you a quick speech in English.

It's great to be able to express your own thoughts in English.

Last year, our school had three short-term international students from Austria, France, and Thailand.

All three were able to speak English in addition to their native language. Although Japan is not an English-speaking country, I think they came to Japan with confidence because they could speak English.

In today’s world, you can communicate with people in other countries if you can speak English.

Beyond today's speech contest, there is a global stage waiting for you to play an active role.

I wish you the best.

Thank you.

 

 皆さん、こんにちは。英語で挨拶をします。

 英語で自分の考えを表現できることは、大変素晴らしいことです。

 昨年、本校では、オーストリア、フランス、タイと、3名の短期留学生を受け入れました。

 3名とも、母国語のほかに、英語を話すことができました。

 日本は英語圏ではありませんが、彼らは英語が話せることで、自信を持って日本に来たのではないかと思います。

 英語が話せることで、世界中のどの国にも行くことができます。

 今日のスピーチコンテストの先には、皆さんが活躍するグローバルなステージが待っています。

 頑張ってください。

48期35歳合同クラス会 来賓挨拶(校長)

 皆さんこんにちは。校長の山本でございます。この度は、本校48期の皆さまの合同クラス会の開催、誠におめでとうございます。

 皆さんの高校入学は2004年、平成16年と伺っております。外国語科が設置されて11年目に入り、当時の坂巻・鈴木両校長のリーダーシップのもと、テンプル大学との連携協定や、文部科学省のSELHIの指定など、現在に続くグローバル人材育成の礎を築かれたのが、まさに皆さんが過ごされた3年間だったのではないかと思います。

 皆さんが高校3年の秋には、本校の創立50周年の記念式典が行われました。当時作成された創立50周年の記念誌は、そのボリュームもさることながら素晴らしい内容で、B棟正面に設置された記念の銅像とともに、往時を知る教職員、生徒の皆さん、同窓会の皆さんの創立50周年を祝う意気込みが伝わってまいります。

 さて、現在の本校ですが、素晴らしい学校となっております。何よりも素晴らしいのは生徒です。現在の3年生は65期。以下、66期、67期と続いております。本校創立時の入学生が1期生ですから、本校は今年で創立67年目ということになります。

 この春卒業した64期生も、大変素晴らしい進路実績を残してくれました。国公立大学現役合格件数105件は、61期生の110件に次ぐ、本校歴代2位の実績でございました。おかげさまで現在の本校は、国公立大学に現役で100名以上合格させる公立高校として、広く認知されております。

 ところで申し遅れましたが、私は本校24期の卒業生です。私のころは国公立大学の現役合格は難しく、20数名という状況でした。試みに、創立以来の国公立大学の現役合格件数を調べてみましたが、しばらくの間は同様の状況が続いておりました。

 変化が起きたのはまさに皆さんの代、48期です。48期は40名が国公立大学に現役合格を果たしています。当時は、本校の歴代最高の合格件数だったのではないかと思います。高校3年生のときに創立50周年をお祝いした学年が、蕨高校の歴史上最も多く国公立大学の現役合格を果たしたことになります。以降、創立60周年を祝った58期が60件、61期が110件と、現役合格件数を増やしてきております。

 現在の蕨高校の躍進は、48期の皆さんの頑張りから始まったと言っても過言ではないと思います。校長として改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 このように見てまいりますと、周年行事で同窓会の皆さまをはじめとする本校の関係者が本校を盛り上げていくことで、意気に感じた生徒たちがしっかり結果を出していくという、本校の「勝利の方程式」の存在も見て取れるところでございます。次の創立70周年は、4年後の令和9年を見込んでおります。本日ご出席のすべての同窓会の皆さまに、来たる創立70周年に向けたご尽力を賜りますようお願い申し上げ、あいさつに替えさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

第67回蕨高祭 閉祭式 校長あいさつ

 皆さん、蕨高祭お疲れ様でした。

 まずは、今年の蕨高祭の準備をリードしていただいた、文化祭実行委員会の皆さん、生徒会本部役員の皆さん、ありがとうございました。

 中庭を使った本格的な蕨高祭は、令和元年の第63回から4年ぶりということで、恐らく皆さんは、誰も通常の蕨高祭を経験したことのない、いわば手探りの中での企画や準備だったのではないかと思います。

 しかしながら、卒業生である私からみても、今年の蕨高祭は大成功だったのではないかと思います。

 蕨高祭の中心に中庭があり、文化部をはじめ、様々な団体がパフォーマンスを披露しました。コンテンツの豊富さと、パフォーマンスのレベルの高さが印象的でした。そもそも、文化祭の主役は文化部ですが、各教室などでの発表も含め、質の高い日ごろの成果をしっかり伝えることができたのではないかと思います。中庭のステージを支えていただいた放送委員会の皆さんもありがとうございました。

 また、各クラスによる取組も、アイデアに溢れる斬新な企画が多くありました。食品は総じてその質が担保されていて、美味しいものが多かったように思います。ゲームなどの企画も、装飾も含め工夫が凝らされており、お客様の長い列ができたクラスが多く見られました。

 先ほどは4年ぶりと言いましたが、往々にしてピンチはチャンスとなるものです。今年の第67回の蕨高祭は、これからの蕨高祭の新たなスタンダードとなると思います。66期、67期の皆さんには、伝統を受け継ぐとともに、来年は是非とも今年を超える蕨高祭をつくっていただきたいと思います。

 最後に、高い気温の中での様々な業務や、毎日遅くまで残られて生徒の指導にご尽力くださいました先生方、ご協力を賜りました保護者の皆様、同窓会の皆様、久しぶりの蕨高祭での営業で、おいしい食事を提供してくださいました学食の皆様、そして開催を温かく見守ってくださいました地域の皆様にも、この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 そしてこの後は後夜祭です。お祭りはまだまだ続きます。最後までしっかりと駆け抜けて行きましょう。以上で校長あいさつを終わります。

第67回蕨高祭パンフレット 校長あいさつ

 第67回蕨高祭にお越しくださいましてありがとうございます。

 蕨高祭は、毎年文化祭実行委員会の生徒によって改訂される『蕨高祭攻略本』をもとに、各参加団体が企画・準備を進めています。一連の工程は生徒の手によって進められており、本校の『創立50周年記念誌』は、先輩から後輩に受け継がれるこの工程を「継ぎ足しを重ねて、年々旨みを増していく秘伝のタレ」と評しています。

 今年のテーマは「奪われた青春を取り戻せ~そうだ いつかのあの場所へ行こう~」です。新型コロナウイルス感染症5類移行後初めての蕨高祭となります。ご来校の皆様には、ぜひとも楽しい時間を過ごしていただきたいと思います。この蕨高祭をご覧になり、生き生きと活発に活動する生徒の姿を見て、本校のすばらしさを感じ取っていただければ幸いです。

第67回蕨高祭 開祭式 校長あいさつ

 皆さんおはようございます。第67回蕨高祭が始まります。

 まだまだ油断はできませんが、長かったコロナ禍を経て、今年の蕨高祭は、通常の形で開催することになりました。

 この二日間は、多くの中学生や、保護者の皆様の来場が見込まれます。私たちは、お客様をお迎えする立場ですので、必要に応じてマスクを着用するなど、感染防止対策には、引き続き万全を期していきたいと思います。

 さて、コロナ禍で学校が臨時休業となったのは3年前、令和2年のことでした。皆さんは、中学校の3年生、2年生、1年生だったのではないかと思います。特に65期の皆さんの多くは、中学生のときに、高校の文化祭を見ることなく、志望校を決めたのではないかと思います。

 今年の蕨高祭のテーマは、「奪われた青春を取り戻せ〜そうだ、いつかのあの場所へ行こう〜」です。コロナ禍明けの通常開催の蕨高祭にかける、皆さんの熱い想いのこもったテーマだと思います。

 存分に楽しんで、記憶に残る蕨高祭にしていきましょう。

 最後に、本日も明日も、かなり気温が高くなることが見込まれます。熱中症対策をしっかり取ることが必要です。皆さんはお客様をお迎えする立場ですから、まず皆さん自身が水分補給など、十分な熱中症対策を取り、体調管理に万全を期してください。よろしくお願いします。

 それでは、楽しんでいきましょう。以上で校長挨拶を終わります。

第1回学校説明会 校長あいさつ

 皆さんこんにちは。校長の山本と申します。本日はお暑い中、本校の第1回学校説明会にご出席を賜りありがとうございます。

 本日は、中学3年生とその保護者の皆様にご出席いただいております。現在の中学3年生は、この後2024年に高校に入学し、現役で進学すると、2027年に大学1年生、順調に行けば、2030年に大学4年生。大学院等への進学もございますが、多くの方が就職活動に忙しい、ということになると思います。

 2030年。皆様にとっても、聞き覚えのあるキーワードなのではないかと思います。

 実は、現在の学習指導要領は、2030年の社会を生きる子どもたちを想定してつくられています。「子どもたちの65%は将来、今は存在していない職業に就く」や「今後10年~20年程度で、半数近くの仕事が自動化される可能性が高い」などの予測を、皆様も一度はお聞きになったことがあるのではないかと思います。その2030年に、今この会場にいる中学3年生の皆さんは、先頭を切って就職活動に挑んでいくということになります。

 それでは、その2030年に向け、皆さんは高校、大学を通じて、どのような力を身につけていけばよいのでしょうか。

 東京大学の鈴木寛教授は、AI時代に求められる能力としてわかりやすく、「想定外」「板挟み」「修羅場」、この3つを乗り越える力であると言われています。これは、一つにまとめると「調整力」、または「交渉力」と言い換えてもよいかもしれません。

 中学生の皆さんも、チャットGPTなどの所謂「生成AI」についてご存じの方も多いと思います。これまでの仕事では、資料などをつくる際、「完成度は7割でいいから早くつくれ」と言われてきました。仮に今後、この「7割の完成度」をAIが行うとなると、資料作成はこの時点から始まることになります。わずかな修正で完成となり、飛躍的に時間と労力が短縮されます。職員の人数も削減されていくでしょう。このようにあらゆる事務作業をAIが代替していく時代にあって、最後に必要となるのは、人と人の間をつなぐ「調整力」、または「交渉力」ということになるのではないかと思います。

 それではここで改めて、私たち蕨高校の教育について紹介させていただきます。恐れ入りますが、お手元の学校案内を開き、3ページをご覧ください。

 本校の「目指す学校像」は「生徒の進路希望を実現する文武両道の進学校~グローバルな視点を持ち次世代のリーダーとして活躍できる人を育てる~」でございます。本校の生徒はほぼ100%、高校卒業後の進路として、大学進学を希望しております。いわゆる旧帝国大学や、早稲田大学・慶応大学などの難関大学を志望する生徒も多くおります。本校は、この進路希望を「文武両道」、学習にも、部活動にも、学校行事にも全力で取り組むことで実現するということを、学校全体として目指しております。

 さらに、本校は外国語科を併設していることもあり、国際交流が盛んです。これらを踏まえ、「グローバルな視点を持ち次世代のリーダーとして活躍できる人を育てる」ことを、「目指す学校像」に追加しております。

 高校3年間、「文武両道」を貫いて高いレベルの進路希望を実現することは、決して簡単なことではありません。そのための具体的な方策として、本校では「蕨高ビジョン」を定め、学年ごとに、共通の目標を立てております。このことにより、学校が一丸となって、目指す学校像の実現に取り組む体制を構築しております。

 合言葉は「Wの挑戦」です。「W」が二つあるわけですが、その一つは「挑戦する蕨高生」、「蕨」のローマ字の頭文字の「W」です。もう一つの「W」は二つのこと、「確かな学力」と「困難に負けない強い精神力と困難を切り抜ける柔軟な発想や思考力」を身に付けることを示しています。

 先ほどお話しした「AI時代に求められる能力」としての「想定外」「板挟み」「修羅場」の3つを乗り越える力は、本校の「文武両道」の3年間で、学習はもとより、皆さんが希望して参加する「部活動」や「学校行事」における委員会活動などを通じてこそ、本当の意味で身に付けることができると考えます。

 最後に「カリキュラム」についてお話しします。普通科のカリキュラムは、文系・理系に分かれるのは3年次のみで、1・2年生では共通のカリキュラムとなっています。文系にあっても理系の科目を、理系にあっても文系の科目をしっかりと学習することで、国公立大学など、進路選択の幅を広げることができます。また、外国語科では、外国語科の専門科目を1年生で週8時間、2・3年生で週10時間確保しています。将来、グローバルな場面で「調整力」「交渉力」を発揮できるよう、外国語を使った高いレベルのコミュニケーション能力を身に付けていきます。

 冒頭でお話しさせていただいた「2030年」は7年先です。AIが今以上に普及し、当たり前になり、なくなる仕事も徐々に明確になる中、新しい仕事も増えてくると思われます。しかしながら、こうした未来の変化に対し、情報を集めて予測を立て、しっかりと備えていくことが大切であると考えます。

 高校はどこも同じではありません。「Wの挑戦」を掲げる蕨高校は「文武両道」、AI時代に求められる能力である「調整力」「交渉力」を本当の意味で身に付けることができる環境を、皆様に提供してまいります。

 それではこの後、本校の職員や生徒から、さらに詳しく本校の特長について説明させていただきます。ぜひとも、本校を皆様の高校選択の一つに加えていただきますようお願いいたします。私からは以上です。よろしくお願いいたします。

同窓会会報『紫霞55号』巻頭挨拶文

 5月の新型コロナウイルス感染症の5類への移行もあり、少しずつ様々な行事が動き出しています。本校は外国語科を設置しており、国際交流事業が盛んです。海外への渡航による交流事業はコロナ禍を受け、中止を余儀なくされてきましたが、いよいよ今年は、オーストラリアへの短期派遣事業を再開します。7月下旬から8月上旬にかけ、28名の生徒をオーストラリア東部のコフスハーバー市に派遣します。学校を代表して派遣される生徒には、十分な事前学習を行い、充実した研修を行うことを期待しています。

 また、昨年12月に春日部高校で開催された「エンパワーメントプログラム」では、同窓会から手厚いご支援を賜りました。私も視察に行きましたが、国内の大学で学ぶ外国人留学生が、生徒4、5名の班につく形で3日間、英語のみで行われるリーダー育成のプログラムでした。一定の成果を挙げることができたのではないかと思います。

 今年の1年生は67期ですが、本校で初めて「一人一台端末」を導入しました。多くの授業で活用しています。これからさらに研究を深め、授業改善につなげてまいります。

 この春卒業した64期生も、国公立大学の現役合格件数は、本校歴代2位の105件と健闘してくれました。24期の私のときは24名でしたので、近年の蕨高生の頑張りには目を見張るものがあります。過去を振り返りますと、本校躍進の時期と、創立50周年、60周年の時期に、どうやら強い相関がありそうです。つまり、同窓会の皆様と力を合わせて周年行事を盛り上げていくことで、意気に感じた生徒たちが頑張って成果を挙げる、そんなポジティブな相関関係が見て取れるようです。次の創立70周年は、71期生入学の年、令和9年ごろと思われます。同窓会の皆様と力を合わせ、未来の蕨高生たちの力をさらに伸ばしていく礎を、ともに築いてまいりたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

7月全校集会 校長講話

 おはようございます。前期の全校集会を迎えました。明日から夏休みが始まります。1年生は林間学校です。先生方には、本当に数多くの夏期補講を設定していただきました。補講を申し込んだ生徒の皆さんは、しっかり出席して、学んだ内容をものにしていただきたいと思います。

 夏休みを有意義に過ごすポイントは、12日の講演会で久保田先生がおっしゃった通り、朝早く起きて、夜は早く寝るというスタイルを確立することです。この生活スタイルを夏休みの期間中続けることができれば、勝ったも同然です。皆さんの頑張りに期待しています。

 さて、6月に、一人の本校の卒業生に会いました。57期で外国語科卒業といいますから、ちょうど1年生から見ると10期先輩ということになります。場所は、南麻布にあるヨーロッパハウスといって、駐日欧州連合代表部の大使館があるところです。

 当日は、環境に関するEUの考え方に共鳴した日本全国の市町村長さんが集まっていて、各市町村における環境への取組について、若者代表の意見を聞くというイベントが行われていました。本校の卒業生は、ユースNGOの代表として、駐日欧州連合大使の隣で、流暢な英語を駆使してプレゼンを行っていました。市町村長さんたちは、ヘッドホンに耳をあて、同時通訳で彼女の主張に耳を傾けていました。

 彼女は本校では剣道部に所属していました。津田塾大学に進学し、1年間ロンドンに留学したそうです。現在は一橋大学大学院の修士課程2年生で、省庁訪問を経て、来年4月からはキャリア官僚として、日本の発展を支えていく仕事に就くことになります。

 彼女の関心がある分野は安全保障だということです。決してやさしい分野ではないと思いますが、使命感をもって国際社会の課題解決に挑戦していく姿勢に、頼もしさを感じました。本校の「目指す学校像」では、「グローバルな視点を持ち次世代のリーダーとして活躍できる人を育てる」と謳っていますが、実際に卒業生に接してみて、蕨高校の人づくりの方向性に確信を持つことができました。

 ところで、卒業生との懇談会などでは、多くの卒業生から、進学先の大学を選んだ理由として「自分の力を試したかった」という声を聞いています。本校の進路指導では「大学進学の先を見すえて目標は高く」と掲げていますが、同じ努力をするなら「環境にこだわる」ことが大切なのではないかと思います。「蕨高生は難関大学を目指すべき」とよく言われますが、なぜ難関大学を目指すのでしょうか。同じ4年間を過ごすなら、全国から精鋭が集まる環境で、自分がどこまでやれるのか、自分の力を試してみたい。そんな思いを持つ生徒が、少しずつ増えてきているのではないかと思います。考えてみれば、私たちは「Wの挑戦」の旗印のもと、「挑戦する蕨高生」として集まっています。

 いわゆる「生成AI」の普及が進み、将来、どんな職業が引き続き必要で、どんな職業がなくなってしまうのか、本当にわからなくなってきました。10年先のことは誰にもわかりません。だからこそ、自分を成長させてくれる環境選びに妥協せず、目の前の課題に真摯に取り組む姿勢が重要になってくるのだと思います。

 さあ、いよいよ夏休みです。お互いに、ベストを尽くして頑張っていきましょう。

放送委員会 全国大会壮行会 校長より激励

 まずは、第70回NHK杯全国高校放送コンテスト出場おめでとうございます。

 今回出場する朗読部門ですが、昨年度のデータによると、全国から4,958名が都道府県大会にエントリーして、全国大会には294名が参加しています。全国大会に出場するだけで、実に16.9倍の難関を勝ち抜いてきたことになります。

 今月25日からの大会では、芥川龍之介の作品の一節を朗読すると聞いています。テレビのニュースもAIによる自動音声が読み上げている時代ですが、人の心に残る「温かい朗読」というものは、今後も変わることなく残っていくのではないかと思います。

 全国大会に出場するだけで価値のある大会です。当日は思い切り、自分の力を試していただきたいと思います。頑張ってください。応援しています。