校長室より

校長室より

第1回PTA・後援会合同役員会 校長挨拶

 皆さんこんにちは。校長の山本でございます。本日はお忙しい中、PTA・後援会第1回役員会にお集まりくださいましてありがとうございます。

 役員の皆様におかれましては、昨年度は大変お世話になりました。多くの学校行事を特別な制限のない形で実施することができました。今年度もよろしくお願いいたします。

 それでは、新しい年度のはじめでもございますので、私からは本校の近況について、情報提供も含め、いくつかお話しさせていただきたいと思います。

 まずは、進路の状況でございます。先月卒業した65期生も大いに活躍してくれました。国公立大学の現役合格者数は93名を数え、浪人生と合わせると100名を越えました。旧帝国大学などのいわゆる難関国公立大学の現役合格者数も7名と、64期生の5名から2名増加という状況です。浪人生も頑張りまして、京都大学に2名が合格を果たしました。一方、私立大学も数多くの生徒が合格し、特に早慶上理と呼ばれる難関大学の現役合格件数が、昨年度の51件に対し、67件と数を伸ばしております。

 生徒には、自分の力の上限に自分で蓋をするな、また、あえてチャレンジ校を設定するよう呼び掛けております。3月には指導部のご配慮で、動画による保護者向け進路講演会も実施していただきました。引き続き、保護者の皆様との共通理解を深めて参りたいと思います。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 次に、今年度の本校は、3件の県教育委員会関係の事業を実施いたします。1件目は、チーム県立高校オンライン講座でございます。この事業は指定を受けて3年目になりますが、本校の授業をオンラインで他校の生徒に公開するとともに、本校の生徒も、他校の授業をオンラインで受けることができるというものです。

 2件目は、国の事業でもありますが、通称「DXハイスクール」と呼ばれるものです。皆様もご案内の通り、現在、社会の様々な分野で、デジタルなどの成長分野を支える人材の育成が求められております。この事業は、全国の高校およそ1000校を指定し、環境整備に必要な経費を支援しながら、成長分野の担い手の育成に高校段階から取り組んでもらおうとするものです。埼玉県では本校を含む35校が指定を受けております。

 3件目は、アントレプレナーシップ教育の取組でございます。これからの時代では、正解のない課題に対して自ら問いを立て、チームで協働して課題の解決に取り組む力が求められておりますが、こうした力の育成に、起業家教育の手法が有効であるとのことから、早稲田大学と連携し、本校でワークショップなどを開催するというものです。

 次に、情報提供ですが、先日の校長会議で、県の財務課から「県立学校空調設備整備事業費補助金」について説明がありました。公費での更新を進める間、補助を行い保護者負担の軽減に努めるということです。今年度の予算案にも反映がございますので、後ほどご確認いただきたいと思います。

 以上、情報提供も含め、学校の近況についてお話させていただきました。最後に、学校における働き方改革についてですが、県全体の方針で、教職員の時間外在校等時間を、月45時間以内に収めるよう指示が出ております。平日17時以降の活動に影響が出ることが予想されますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 それでは、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

今持っている「手持ちの手段」から未来を切り拓こう(進路のしおり 巻頭言)

 2月に早稲田大学リサーチイノベーションセンターで行われたイベント「高校生・大学生とエフェクチュエーション」に参加した。

 「エフェクチュエーション」とは、インド人経営学者サラス・サラスバシー氏が提唱する理論で、優れた起業家に共通する意思決定プロセスや思考(考え方)を発見・体系化した市場創造の実行理論のことである。

 「起業家」と聞くと、アップル社を立ち上げた故スティーブ・ジョブズ氏や、ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏などを思い浮かべ、自分たちとは関係ない、一握りの天才たちの話、と思った皆さんも多いのではないかと思う。しかし、このエフェクチュエーションは、起業家の共通した思考プロセスを体系化し、誰もが後天的に学習可能なメソッドとして確立されたものである。

 これまでは、初めに目標を設定し、それを達成するために最適な手段を後から検討していく方法がとられることが多かったが、エフェクチュエーションでは、新しい方法ではなく、手持ちの手段から新しいゴールを発見していく手法がとられていることに特徴がある。

 ここで、本冊子『進路のしおり』との関連について触れておく。

 この冊子を手にしている皆さんは、自らの進路希望の実現に向け、決意を新たにしていることと思う。「大学進学の先を見据えて目標は高く!」を踏まえ、より高い目標を掲げ、綿密な計画づくりに着手している人も多いのではないだろうか。

 ここで紹介するエフェクチュエーションは、皆さんそれぞれの「進路希望の実現」という課題を解決するためのアプローチ、考え方の一つとして紹介するものである。エフェクチュエーションには「5つの原則」と呼ばれる共通項があるが、その第一は「手中の鳥の原則」、すなわち、新しい方法ではなく、手持ちの手段を用いて新しい何かを生み出すというものである。

 「自分は何ができるか」という観点から考え、皆さんが持っている特質・能力、知識・経験、そして人脈(家族や友人等)などの「資源」を洗い出すことで、すでに持っている手段を見出していくのがエフェクチュエーションの考え方である。

 現段階で、すでに皆さんが持っている特質・能力、知識・経験、そして人脈は、皆さんの「強み」である。続けていて楽しいこと、好きなことがあるのも「強み」である。その「強み」を改めて確認し、そこから皆さんの進路について考えてみてはどうだろうか。

 また、得意な科目が1科目でもあれば、その得意科目を「生かす」ことを考えよう。得意科目が1科目で合格できる大学は少ないが、その得意科目を無駄にしない観点から、あと2科目揃えば難関私大に、あと7科目揃えば難関国公立大学への合格が見えてくる。「手中の鳥」としての得意科目。まずは1科目、得意科目を持つことから始めよう。

外国語科対面式 校長あいさつ

Hello everyone. Today I will give a talk in English.

The Department of Foreign Language of this school was established in 1994, and this year marks its 30th anniversary.

This year’s first-year students will be the 31st generation of the department.

The Department of Foreign Language is aimed to develop people who have rich foreign language communication skills and a deep understanding of different cultures, who can lead Japan's international economy, and who can consider the various issues that arise along internationalization and come up with desirable policies.

The graduate who served as a lecturer at the Warako seminar in March also graduated from the foreign language department and has been working as a career bureaucrat at the Ministry of Defense since April.

This graduate told me that in the past, it was harder to enroll in the foreign language department than in the regular course, and that in the end, she was as good as the regular students.

I would like everyone in the foreign language department to work hard to raise the standards of Warabi High School as a whole, including the general course.

I am always here to support you. Let's do our best.

Thank you for your attention.

 

 皆さん、こんにちは。 今日は英語であいさつします。

 本校の外国語科は1994年に設置され、今年で創立30周年を迎えます。

 1年生は外国語科の31期生となります。

 外国語科は、豊かな外国語コミュニケーション能力と異文化への深い理解を備え、我が国の国際経済を牽引し、国際化に伴って生じる諸問題を考察し、望ましい政策を立案できる人材の育成を目的としています。

 3月の蕨高セミナーで講師を務めた卒業生も外国語科を卒業し、この4月から防衛省のキャリア官僚として働いています。

 この卒業生は、以前は、外国語科に入学するのは普通科よりも大変で、最終的には普通科の生徒たちにも負けなかったと話してくれました。

 外国語科の皆さんには、普通科も含めた蕨高校全体の底上げに向けて頑張っていただきたいと思います。

 応援しています。頑張りましょう。

 ご清聴ありがとうございました。

新入生歓迎会 校長あいさつ

 皆さんこんにちは。

 「蕨高校は文武両道」ということで、1年生の皆さんも、本校の部活動を楽しみにしていたのではないかと思います。

 さて、私が本校24期の卒業生であることはお話ししましたが、当時3年生がインターハイに出場していた男子バスケットボール部に入部しました。練習がきつく、授業について行くことさえできずに、クラスの最下位近くまで成績が低迷してしまいました。もちろん現役では大学に合格できず、浪人も経験しました。

 皆さんはこんなことにならないよう、本校は進学校でもあるので、「部活動と大学受験」の関係について話してみたいと思います。昨年、進路指導室前に掲示してあった塾の情報誌に興味深い記事があったので、紹介したいと思います。

 まず、難関国公立大学現役合格者のうち、高3まで部活動を続けた割合は、72.9%ということです。7割の生徒が高3まで部活動を継続しています。

 次に、難関大学に現役で合格した部活生と、不合格だった部活生の学習時間の比較です。合格した部活生の方が、不合格だった部活生よりも、トータルで221時間多く学習していたとのことです。

 では、現役合格した部活生は、いつ受験勉強を始めたのか、ですが、現役合格者の7割以上が、高1、高2のうちに受験勉強を始めているということです。

 以上まとめると、難関大学現役合格者の7割は部活動を高3まで継続している、つまり、部活動はやったほうがよい、ということになります。ただし、受験勉強のスタートが高3では遅いので、高1、高2のうちから始めたほうがよい、ということです。

 大事なことは、皆さん自身のタイム・マネジメントの力を高めるということです。

 そこで、卒業生である私が経験を踏まえてお勧めするのが、朝の時間の活用です。

 例えば22時に就寝し、朝5時に起床すれば、毎朝1時間程度は勉強時間が確保できます。この習慣化に成功すればしめたものです。学校も朝から開いていますので、早めに登校して、学習することが可能です。

 この後の新入生歓迎会の部活動紹介は、例年各部のアピールのレベルが高いので、十分楽しめる内容なのではないかと思います。しっかり見ていただいて、自分に合った部活動を選んでいただければと思います。

 皆さんは蕨高生です。是非とも積極的に部活動に入っていただき、併せて、学習時間の確保についても検討をお願いします。頑張りましょう。以上で校長あいさつを終わります。

対面式 校長あいさつ

 皆さんこんにちは。

 この対面式は、本校の生徒会への、1年生の入会を祝う会なのではないかと思います。3年生は2年前、2年生は昨年、同じように新1年生として対面式に参加しました。まさに昨日のことのようですが、月日はあっという間に経ち、そして上級生の皆さんは、しっかり成長してきたのではないかと思います。

 昨年の蕨高祭は、1年生も見学に来てくれた方が多かったのではないかと思いますが、実は1年生の皆さんが帰った後、後夜祭ということで、校庭で本格的な打ち上げ花火が上がりました。卒業生の自分にも記憶がないので、ひょっとすると本校ではじめての本格的な打ち上げ花火だったのではないかと思います。

 文化祭実行委員の生徒が相談に来たとき、とにかく前例がないのだから、そもそも実施が可能なのか、蕨市や消防署に相談するところから始まり、近隣住民の方々の許可を一軒一軒取って回るとか、課題は山積している。先生方に頼らず、自分たちでやりきる自信はあるの、と訪ねたところ、「あります、ぜひやらせてください」とのことだったので、ではまずは関係する先生方の理解をとりつけるところから始めてはどうかとアドバイスしました。

 まだこの時点では、どんな課題があるか見当もつかなかったので、まさに探究学習の「正解のない課題を自ら設定し、みんなで協力して課題の解決に挑む」こと、そのものであったわけです。

 こうして、多くの生徒たち、そして先生方の陰ながらのご尽力があって、1年生の皆さんが帰った後の校庭で、本格的な打ち上げ花火が上がりました。もちろん、少なからぬ課題は残りましたが、「蕨高生はここまでできる」ということを、大空に向けて示した瞬間でありました。

 長くなりましたが、ここからが本題です。

 今、1年生が目にしているのは、このような経験を経て、一回りも二回りも大きく成長した、偉大な先輩方です。まずは敬意を持って接していただきたいと思います。

 また、ここに並んでいる1年生は、蕨高校で、勉強にも部活動にも学校行事にも手を抜かず、文武両道を貫いて、自らの進路希望を実現したいと、大変厳しい志願倍率の中を勝ち抜いて来たメンバーです。上級生の皆さんも、ぜひ敬意を忘れず、1年生を温かく迎え入れていただきたいと思います。

 要するに、この場には、すごい2,3年生と、すごい1年生が顔を合わせ、まさに一つのチームになろうとしていることになります。この後、どんなすごいことが起きるのか、ワクワクしてきます。一緒に蕨高校を盛り上げていきましょう。以上で校長あいさつを終わります。