日誌

活動報告

広がりゆく未来へ

先日行われた新人戦南部地区予選の報告です。

 

9月14日(火)、9月15日(水)に個人戦が行われました。

ベスト64以上に4ペアが入り、その内3ペアが県大会への出場権を得ました。

中でも1ペアは第3位という素晴らしい結果となりました。

蕨高校として個人戦で賞状を貰うことは初となります。

他のペアも含め、個人戦でよかった部分を活かし、県大会でも活躍してほしいと思います。

 

9月17日(金)には団体戦が行われました。

結果はベスト8で県大会への出場権を得ました。

ベスト4決めでは1-2と僅差で敗れ、悔しい思いをしました。

ここでの気持ちをバネにして、県大会ではよい結果を報告できるように努力しましょう。

 

さて、地区予選から県大会までの期間は約2ヶ月あります。

その期間の過ごし方によって、結果は大きく変わるはずです。

地区予選同様に大きく逆転が起こることでしょう。

実際に逆転した部分、された部分を体験しました。

その反省を活かし県大会ではより大きな逆転が起こせるようにチーム一丸となって頑張りましょう。

個人戦、団体戦共にチーム力の向上が重要です。

 

その手伸ばせば目の前さ、ほら

夏休みが終わり、学校が再開されました。

収穫の多い夏休み、勉強や学校行事にも活かしながら、部活動と両立させていきたいところです。

 

さて、8月18日(水)、8月19日(木)に南部支部大会が行われました。

今年度も1つのトーナメントで個人戦のみが行われました。

結果としては、1ペアがベスト8に入り、3ペアがポイントを得ることができました。

南部支部大会でのベスト8入りは2年連続となります。

順位が上の相手を破ってベスト8入りしたので、素晴らしい結果だと思います。

 

早いもので、もう2週間後には新人戦が開催されます。

南部支部大会の結果を踏まえて反省しつつ、より高みを目指していきましょう。

新人戦では「県大会への出場権」という重圧が南部支部大会と大きく違います。

適度な緊張と適度な気楽さが求められます。

大会全体を通して逆転は起こることでしょう。

楽しみにしています。

 

飛び出した夢は立ち止まらない

8月に入り、夏休みもいよいよ本番です。

暑さに負けず、蕨高校女子ソフトテニス部は元気に活動しています。

 

さて、7月17日(土)に埼玉県選手権地区予選が行われました。

3年生の力も借りながら、2ペアがブロック優勝し、埼玉県選手権の出場権を得ました。

2年ぶりの大会となりますが、2年前と同等の結果となりました。

ただ、その内の1ペアは1・2年生のペアです。

1・2年生のペアがブロック優勝となるのは、蕨高校として初です。

残念ながら県選手権への出場権を得られなかったペアも含めて、よく頑張ったと思います。

 

その後、7月22日(木)に埼玉県選手権が行われました。

結果は2ペアとも初戦敗退となりましたが、県大会出場という経験を得られたことは大きな財産だと思います。

 

埼玉県選手権が終わり、いよいよ3年生の力を借りずに活動をする時期となりました。

3年生が目の前で叶えた夢とそこに至る姿は今でも心に残っていると思います。

次は新しい代でもっと大きな夢を追いかけましょう。

 

 

あなた達がくれた魔法を、私達は忘れない

インターハイ予選の報告です。

6月12日(土)に個人戦が、6月15日(火)に団体戦が行われました。

 

個人戦には2ペアが出場しました。

結果は初戦敗退でしたが、2年生ペアのデビュー戦ということもあり、頑張ってくれたと思います。

 

団体戦では初戦に第4シードと対戦しました。

初戦敗退ではあったものの、試合内容としては本当に僅差でした。

それ故、悔しい部分もありましたが、次世代に引き継げる内容であった点は収穫だと思います。

 

さて、この大会で3年生の半数が引退します。

県選手権は新しい代の初舞台です。

その初舞台を残った3年生が支えてくれます。

無論、ここまで一緒に練習してくれた、引退した3年生の力もあって新しい代は県選手権に臨むのです。

部活は、チームは1人では作れません。

 

未完成でいい。

出せる力を出しましょう。

 

いつもいつでも上手くいくなんて

4月20日(火)、4月21日(水)に関東大会県南地区予選が行われました。

結果としてはベスト16で1ペア、敗者復活戦で1ペアが県大会への出場権を得ました。

敗者復活戦には更にもう2ペア出場しましたが、惜しくも抜けることはできませんでした。

その中には1年生同士のペアも含まれていて、非常によく頑張っていたと思います。

 

さて、いよいよ明日からゴールデンウィークが始まり、関東大会県予選も間近です。

実際にコートで試合をする選手、応援する選手と立場は各々違います。

また、今回は全員が会場に集まることもできません。

3年生の最後の姿を全員で見ることができないのは残念ではありますが、どのような環境でもチームとして試合をすることには変わりません。

 

結果はもちろん大切ですが、本当に大切なものは何でしょうか。

3年生の最後の晴れ舞台、今から楽しみです。