女子ソフトテニス部

 

【部員数】

 
1年
2年
3年
 
 
 
 
 
  

 

【顧問】

竹原 克哉 ・ 井口 巌

 

【紹介】

蕨高校女子ソフトテニス部は、県大会・関東大会・インターハイを目指し、日々練習に取り組んでいます。

目標に向かって切磋琢磨できる仲間を募集しています。

もちろん初心者の方も歓迎します。(令和元年度初心者2名)

活動場所は本校テニスコートの他、地域のオムニコートも使用します。

 

平日:2時間程度  休日:4~5時間程度

活動予定

練習試合・合同練習・部活動見学等、随時受け付けています。

お問い合わせは、蕨高校(048-443-2473)女子ソフトテニス部顧問 竹原まで。

 

R2年度4-6月活動予定

R2年度7-9月活動予定

 

※ 2020/07/09 更新

 

<変更連絡>

8月8日(土)OFF

8月9日(日)AM2面

以上のように変更しました。

 

7月、8月の富士見を確定しました。

日誌

活動報告

あと一歩の勇気

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年も本校ソフトテニス部をどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、2月2日(日)に南部リーグが行われました。

本校にとっては今年度最後の大会ということで普段以上に気合いが入ったと思います。

結果として、AチームもBチームもシード順が上のチームに勝利することができました。

ただ、もっと良い結果を出すことができたのではないか、と思うのも正直なところです。

リードしている場面、リードし始めた場面を十分に活かすことができたでしょうか。

新人戦からの課題でしたが継続していく必要がありそうです。

 

今月末には定期考査、高校入試と部活の無い期間が続きます。

しかしながら、最後の大会は近付いていきます。

立派な花を咲かせて下さい。

 

乗り越え、立ち止まり、また乗り越えるために

夏休みが終わり、新人戦の地区予選が行われました。

9月17日(火)、18日(水)が個人戦でした。

今年度は2ペアが県大会への出場権を得ました。

惜しくも県大会への出場権が得られなかった選手も夏休みに努力した結果を発揮していたと思います。

あと一歩、足りなかったものは何でしょうか。

この大会を糧として春までにどのような答えを出すでしょうか。

楽しみにしています。

 

9月20日(金)は団体戦でした。

今年度も県大会への出場権が得られました。

インドア大会へ出られるように地区大会同様にチーム一丸となっていきましょう。

 

 

更に、新人戦後すぐの9月29日(日)に蕨市民大会が行われました。

昨年度は雨天延期後の日程が学校行事と被ってしまい参加できませんでしたので、2年ぶりの参加となりました。

2年前には優勝することができましたが、今年度は準優勝となりました。

また、3位に入賞したペアもいました。

地域住民の方とも切磋琢磨し、ソフトテニスという競技を共に盛り上げていけたらいいと思います。

 

インターハイ予選

インターハイ予選が行われました。
6月8日(土)は個人戦、雨天延期となり6月13日(木)は団体戦でした。

個人戦では学校枠の選手のみが出場し、2年生が主体となる初の大会となりました。
惜しい結果となりましたが、7月の県選手権へ向けて目標設定ができました。

団体戦では3年生のみ出場し、激戦の末ベスト16となりました。
シードを守る形で3年生の最後の大会は終了しました。
「勝ち続ける」ということは非常に大変なことだと思います。
その中でシードを守ることができたのは3年生が最後まで努力し続けた結果だと思います。
本当にお疲れ様でした。

今後は主に2年生が新たな蕨高校女子ソフトテニス部を作ります。
関東予選、インターハイ予選での3年生の大きな背中を見て、何を思ったでしょうか。
新たな歴史を刻みましょう。

関東大会埼玉県予選

新年度になってしばらく経ってしまいましたが、今年度も宜しくお願い致します。
新入生も入部して新たな体制となりました。
今年度も頑張ります!

さて、関東大会埼玉県予選が行われました。
5月4日(土)は個人戦、5月6日(月)と5月11日(土)は団体戦でした。

まず個人戦ですが、今年度は歴代最多の5ペアが出場しました。
その内の3ペアは初の県大会出場です。
結果としては2回戦までで全員敗退となってしまったので、インターハイ予選個人の出場権は得られませんでした。

次に団体戦ですが、個人戦での悔いを力にベスト16という結果を残すことができました。
ベスト8決めでは1-2と惜しくも敗退しましたが、3年生を中心によく頑張ったと思います。
まだまだ課題は残ってしまいましたが、団体戦はインターハイ予選に出場できるので、また気合を入れ直し、自分たちを超えられるようにしたいと思います。

なお、この大会で新しい代となりました。
今までの反省を活かし、より良いものを作り上げていきましょう。
どんな物語でも弟子は師匠を超えるものです。
失敗を恐れずに進みましょう。


新人戦南部地区予選

新人戦南部地区予選が行われました。

9月18日(火)、19日(水)に個人戦が行われました。
結果としては、2ペアがベスト32となり、本戦で県大会への出場権を得ました。
敗者復活戦には4ペアが残りましたが、その内1ペアが県大会への出場権を得ました。
昨年度と同様に合計3ペアが県大会への出場権を得ましたが、本戦で新たな課題が見つかりました。
その部分を改善して県大会に臨みたいと思います。

9月24(月)に団体戦が行われました。
順調に勝ち進み、準々決勝は第2シードの浦和一女高校と対戦しました。
激戦の末、2-1で勝利し、準決勝へ進出しました。
準決勝では浦和南高校に0-2で敗れてしまいましたが、3位決定戦で浦和実業高校に2-0で勝利しました。
結果として、南部地区で3位という蕨高校の歴史上初の素晴らしい結果となりました。



個人戦も団体戦も関係なくチームで戦うのが蕨高校女子ソフトテニス部の戦い方です。
今回の結果も部員が本当の意味で一丸となったから得られたものでしょう。
顧問からの一言、
「勝って兜の緒を締めよ」
県大会へ向けてまた気を引き締めて頑張りましょう!!