蕨高セミナー

蕨高セミナー

第5回蕨高セミナー「中山道ウォーク」

第5回蕨高セミナー「中山道ウォーク」を開催しました。
蕨市は江戸時代に中山道の宿場町として発展した街です。
蕨宿から日本橋までを歩いてその歴史をたどってみることにしました。

朝8時に蕨高校をスタートします。


蕨本陣跡 歴史資料館となっています。


縁切り榎 北鎌倉の縁切り寺は有名ですが、各所に同じ史跡があります。

板橋 板橋の地名の由来となった橋の上です。桜がきれいでした。


大学いもの[合格や]さん

新撰組隊長 近藤勇の墓所です。 

センター試験でお世話になる「大正大学」

巣鴨「高岩寺」 とげぬき地蔵として有名です。

東洋大学 近代的なビルがそびえていました。

東京大学 ちょうど卒業式が終わったところでした。

神田明神 「銭形平次」は明神下の十手持ちでした。

終着の日本橋 すっかり日が傾いています。

宇宙飛行士 山崎直子さん『宇宙、人、夢をつなぐ』

                         (C)NASA

 

  現在、日本も参加する国際宇宙ステーション(略称ISS)には、日本人宇宙飛行士の油井さんが長期滞在しています。ISSの建設に先立って、1981年から2011年まで30年間、135回の宇宙への飛行によって、アメリカ・NASAのスペースシャトルが世界の宇宙開発を牽引してきました。スペースシャトルに搭乗した日本人宇宙飛行士は7人で、山崎直子さんがその最後のメンバーです。山崎さんに、宇宙飛行士としての体験や、宇宙開発への夢や今後の展望などについてお話をうかがいました。
 
 講演の後の質疑応答では、蕨高生の質問に一つ一つ丁寧にお答えいただきました。 

 

【生徒感想】

 

 これまで、宇宙飛行士というと、普通とは違うすごい人のように思っていました。ところが、ISS内での集団生活の中で、船長にイタズラをしかけたりすることもあると聞いて、宇宙飛行士の方々を身近に感じることができました。

 

 また、一番印象に残ったのは、「未来はどうなるかわからない。だからこそ、自分の努力しだいでどうにでもなる」という考えです。この話を聞いて、私も前向きになれる気がしました。

 

 私は今、地学部に所属していて天体観測や研究を行っています。また、大学では宇宙に関することを学びたいと考えています。宇宙の研究に関わる一人として、その発展に寄与したいし、それが宇宙飛行士の役に立てばうれしいです。

第3回特別セミナー

11月28日(月)午後4時より、NHKアナウンサー 守本奈実さんを本校視聴覚室にお迎えして、平成23年度 第3回蕨高特別セミナーを開催いたしました。生徒および教職員、総勢100名を超える参加者が守本アナウンサーの貴重なお話に耳を傾けていました。講演では、ニュース原稿を読む指導も行って頂き、参加した生徒たちはプロフェッショナルの技に驚きを隠せないようでした。また、「1つのニュース番組を作りあげるにはチームワークがとても重要です」と仰っていた姿や「緊張感を力にする」という言葉が大変印象的でした。講演の最後には沢山の質問が飛び出すなど、素晴らしい蕨高セミナーとなりました。大変お忙しい中、ご来校頂きました守本アナウンサー、本当にありがとうございます。

平成23年度 第2回特別セミナー『自己向上のために』

     7月11日(月曜日)、西武文理大学 加藤三彦准教授を講師に迎えて、平成23年度第2回蕨高特別セミナーを開催しました。加藤先生はバスケット界のカリスマ指導者として、ご自身の母校である秋田県立能代工業高校バスケットボール部を約20年間にわたりご指導されてきました。インターハイ・国体・ウィンターカップなどの優勝30回toiu唯一無二の金字塔を打ち立てていらっしゃいます。また、バスケット漫画の代名詞とも言われるスラムダンクに登場する山王工業 堂本監督は加藤先生がモデルとなっており、ご存知の方も多いかもしれません。
今回の蕨高セミナーでは、日本のバスケット界の最前線を走って来られた加藤先生に『自己向上のために!』というテーマで熱く語って頂きました。本校視聴覚室は140名を超える生徒たちが先生の一挙手一投足に耳を傾け、感動の時間を満喫しました。
 
【生徒の感想】
○ 今回の講演はとても役立つ話でした。部活のことにとどまらず、自己向上のために蕨高生としてのプライドを持つことが大事だと思いました。
○ 自分の中にはない考えや発想をたくさん学ぶことが出来ました。内容の濃いセミナーでした。
○ 勝負事に勝つための大切な要素を数多く聴くことが出来ました。集中や冷静さ、自信、コミュニケーションを図るなどやらなければならないことを学べました。
○ スポーツを行う上だけでなく、人間として生きて行く上で押さえておきたいヒントや大切なポイントを知ることが出来ました。良いことも悪いことも自分で責任を持てる人になりたいです。
○ 今日学んだことを今後に生かしていきたいです。部活動、学校生活、人間として生きることの全てに通じるような話を聴くことが出来ました。加藤先生ありがとうございました。
○ 後悔した。本来なら自分で気がつかなければならない事を教えられたようで、とても複雑な気持ちだった。ただ、この後悔は今後に役立つと思う。
○ 今回のセミナーを通して、加藤先生の多くの格言に励まされました。プライドを持つために、まず蕨高についてもっと知りたいです。
○ 今日の講演を聴いて、自分の未来が明るくなったような気がします。加藤先生のように生き生きした人になりたいです。
○ 勝つためだけではなく、色々なことに通じることを沢山教えてもらえて良かったです。様々な分野に対して向上したいという意欲が涌いてきました。Never too late. Just do it.これからも意識していきます。 

平成23年度 第1回特別セミナー『異文化コミュニケーション』

 6月10日(金)午後4時より、本校視聴覚室において、早稲田大学 スコット ダグラス教授を講師に迎え、平成23年度第1回蕨高特別セミナーを開催しました。なお、今回の特別セミナーは、県の県民生活部の「高校生 世界へはばたけ!育成塾事業」の指定を受けて実施しました。スコット教授には大学での講義スケジュールを調整して頂き、本校生徒76名が特別セミナーに参加することが出来ました。

スコット教授は20年以上の日本での滞在歴を持ち、現在は、早稲田大学で人間情報科学科の教授としてインターカルチュラルコミュニケーションをご専門に研究されています。1時間半に及ぶ講義の中で、生徒たちは熱心に先生の講義に聞き入っていました。参加した生徒の声をご紹介します。

【生徒の感想】
○英語があまり話せなくても、積極的に明るく話しかけていくことがとても大切だと感じました。また、自分の国の文化をもっと知ることも大切だと分かったのでしっかりと自分の言葉で説明できるようにしていきたいです。

○授業で学ぶことももちろん大切だが、頭に詰めたことを出すこともコミュニケーションの上達のためには必要であることが分かった。 

○コミュニケーションは、自分の知っている英語の知識にとらわれてはいけないと思った。積極的な姿勢や話してみようということが大事だと思った。